医学部合格するために!

医学部を目指しはじめたら、リサーチしておくことはたくさんあります。今回そのリサーチする内容をお話しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

目次

1.医学部が人気上昇⁈
2.国公立大合格者数を高校別に調べてみよう。
3.高校別ランキング
4.東大合格者ランキング
5.上位クラスの灘高校
6.それぞれ予備校の合格者数
7.私大医学部の推薦入試
8.国公立大医学部の推薦入試
9.AO入試
10.合格するためにはまず生活習慣から見直そう

 

 

1.医学部が人気上昇⁈

2014年週刊朝日よりこんな記事があったのでご紹介します。
「ゆとり世代」最後となる2014年入試は、安全志向が強いと言われてきた。それでも東大の志願者は微増。駒場東邦や日比谷といった名門校が合格者を増やし、一方で優秀な理系の受験生たちが医学部に流れる傾向も強まった。
昨年まで32年連続で東大合格者数トップの開成(東京)は、今年前期もトップを維持したものの、2012年の203人、13年の163人からまた合格者数を減らし、149人になった。とくに理科一類(理I)が昨年の74人から54人に減っている。背景には、優秀な受験生たちの文系離れと医学部人気があるようだ。
学年主任の宮崎哲郎教諭がこう話す。
「約400人の卒業生のうち、文系は約3分の1に減少。また理系約170人のうち約100人が医学部志望で、東大以外を目指す受験生が多くいました」
東大合格者が多い高校で、受験生が理系、そして医学部志向を強めると、東大合格者は減る傾向が出る。中高一貫一期生の受験となる今年の合格実績が注目を集めた県立千葉は、
東大合格者が昨年の24人から3人減ったが、久保田功教頭も
同様の理由を挙げる。
「理系のトップ層は、東大より医学部を志望する生徒が多いため、増えなかったのだと思います。」
「約400人の卒業生のうち、文系は約3分の1に減少。また理系約170人のうち約100人が医学部志望で、東大以外を目指す受験生が多くいました。
対照的なのが東大寺学園(奈良)だ。昨年の23人から30人に増えたが、秋山誠司進路指導部長がその理由をこう話す。
「昨年の東大受験者は理系23人、文系3人の計26人でしたが、今年は理系33人、文系22人の計55人。とくに文系がかなり増えたため、合格者が増えました」
このほか、駒場東邦(東京)は昨年の56人から73人と17人も増えた。佐藤仁志進学指導係主任はこう話す。
「2月の上旬以降は自由登校ですが、多くの生徒が集団で励まし合いながら勉強したことがよかったのだと思います。また、世間では、今年は安全志向で弱気な出願と言われていましたが、本校は例年と同じでした。第1志望を貫いたことがいい結果になりました」
名門の日比谷(東京)も昨年の26人から9人増えた35人で12位と躍進した。
(出典:2014年3月週刊朝日より)
手に職をつけたい、医者という高い社会的地位に魅力を感じる、将来安泰…などといった様々な分析をすることができますが、医者という職業はとてもわかりやすい職業ですよね。外資系や総合商社、コンサルで高収入を得ることができますが、実際どんな仕事内容なのか想像がとても難しいものがあります。医者は医者でも開業医だったり待遇がよくなければ高収入は得られませんが、命にかかわる仕事につきたい学生が増えたのでしょうか。
医師を志す若者が増えてとても嬉しい限りですが、ライバルも増えて勉強もさらに頑張らなくてはいけなくなりますね。

 

 

2.国公立大合格者数を高校別に調べてよう。

高校から医学部を目指す学生も多くいますが、中学生または小学生から医者になるために医学部に入りたい!と強い志を持った学生もいますよね。医学部などの大学を目指す場合において、自分の進学する中学校や高校の指導レベルや学生のレベルはとても重要になってきます。これらを知るための1番の方法は進学実績を見ることです。
ではまず、2014年度の国立大学医学部医学科の合格者TOP10からみてみましょう。
1位 東海高校(愛知) 114人
2位 ラサール(鹿児島)    97人
3位 洛南(京都)         88人
4位 東大寺学園(奈良)82人
5位 甲陽学院(兵庫)   66人
6位 灘(兵庫)            63人
7位 開成(東京)         61人
8位 久留米大付設(福岡)59人
9位 新潟(新潟)         53人
10位 四天王寺(大阪) 50人

つづいて全卒業者に対する国立大学医学部医学科の合格者の割合です。
1位 ラサール(鹿児島) 42.2%
2位 東大寺学園(奈良)     38.0%
3位 甲陽学院(兵庫)    32.8%
4位 久留米大付設(福岡)29.1%
5位 灘(兵庫)             28.6%
6位 東海(愛知)          27.3%
7位 青雲(長崎)         25.4%
8位 岡山白陵(岡山)   24.2%
9位 柏陵(兵庫)         23.8%
10位 愛光(愛媛)       22.2%

ここに、国立大学医学部の大部分よりも偏差値の高い東京大学、京都大学(医学部以外)を加えると、次のような順位になります。

国立大学医学部(医学部)、東京大学、京都大学理系進学者の割合
1位 灘(兵庫) 65.0%
2位 甲陽学院(兵庫)     60.2%
3位 東大寺学園(奈良)    58.3%
4位 ラサール(鹿児島)50.0%
5位 筑波大付属駒場(東京)48.1%
6位 大阪星光学園(大阪)45.2%
7位 洛星(京都)         39.3%
8位 久留米大付設(福岡) 38.4%
9位 栄光学園(神奈川)    37.1%
10位 開成(東京)       35.4%

上位3校を含め、上位10校のうち5校を関西の高校が占める一方で、関東は5校に筑波大学付属駒場、9位に栄光学園、10位に開成が入ったものの、進学実績は関東よりも圧倒的に関西の高校の方が高いことがわかります。特に灘高校は65%が国立大学医学部または東大京大の理系に進学するなど圧倒的な実績をあげています。東大、京大の理系学部に合格する実力があれば、地方国立大学医学部への合格は十分可能です。なので高校の実力を測るには、実際に国立大学に合格した人数だけではなく、東大や京大に合格した人数も含めて判断したほうがよいでしょう。

 

 

3.高校別ランキング

それぞれの大学の2014年高校別合格者ランキングです。

大阪大学医学部合格者ランキング
私立甲陽学院 13名
私立洛南 7名
私立灘 6名
私立大阪聖光学院 6名
私立東大寺学園 5名
私立洛星 3名
大阪府立天王寺 3名

名古屋大学医学部合格ランキング
私立東海 23名
私立南山 12名
愛知県立旭丘 6名
私立高田 6名
愛知県立岡崎 6名
私立滝 4名
三重県立四日市 3名
私立東大寺学園 3名

東北大学医学部合格者ランキング
県立仙台第ニ 20名
県立盛岡第一 9名
私立海城 7名
県立秋田 5名
県立新潟 4名
県立山形東 3名
県立福島 3名
私立古川学園 3名

北海道大学医学部合格者ランキング
道立札幌南 19名
私立北嶺 9名
道立札幌北7名
道立旭川東4名
私立函館ラ・サール 4名

広島大学医学部合格者ランキング
私立広島学院 14名
国立広島大付属 11名
私立ノートルダム清心 6名
私立修道 5名
私立ラ・サール 5名
私立AICJ 4名

岡山大学医学部合格者ランキング
県立岡山朝日 13名
私立岡山白陵 9名
国立広島大福山 7名
私立白陵 6名
私立岡山 6名
私立愛光 4名

九州大学医学部合格者ランキング
私立久留米付設 24名
私立ラサール 11名
県立修猷館 8名
県立福岡 4名

筑波大学医学部合格者ランキング
私立江戸川学園取手 7名
茨城県立水戸第一 6名
茨城県立土浦第一 4名
私立清真学園 4名
私立桜蔭 4名

神戸大学医学部合格者ランキング
私立甲陽学院 13名
私立東大寺学園 6名
私立大阪星光学院 5名
私立白陵 5名

大阪私立大学医学部合格者ランキング
私立大阪星光学院 9名
私立四天王寺 7名
私立甲陽学院 7名
私立東大寺学園 7名
私立洛南 5名
大阪府立北野 5名

慶應義塾大学医学部合格者ランキング
私立開成 19名
筑波大付属駒場 10名
私立桜蔭 10名
私立麻布 5名
私立聖光学院 5名
私立灘 5名
私立駒場東邦 4名
私立豊島岡女子学園 4名
私立栄光学園 4名

東京大学医学部合格者ランキング
私立灘 12名
私立開成 8名
私立桜蔭 6名
私立洛南 6名
私立聖光学院 4名
私立ラサール 4名
私立東海 3名

京都大学医学部合格者ランキング
私立灘 16名
私立洛南 14名
私立東大寺学園 14名
私立西大和学園 6名
私立東海 5名
私立甲陽学院 5名
私立大阪桐蔭 3名
私立智弁学園和歌山 3名
香川県立高松 3名

横浜市立大学医学部合格者ランキング
私立フェリス女学院 7名
私立聖光学院 5名
私立栄光学園 5名
国立筑波大駒場 3名
私立麻布 3名
私立渋谷教育学園渋谷 3名
私立桜蔭 3名
私立開成 3名
私立横浜フタバ 3名

 

 

4.東大合格者ランキング

上記に東大、京大の進学割合を表示しましたが、では2014年の東大の合格者を高校別でランキングでならべてみましょう。
1位 開成(東京) 158人
2位 灘(兵庫)        105人
3位 筑波大学付属駒場(東京)104人
4位 麻布(東京) 81人
5位 駒場東洋(東京)   75人
6位 聖光学院(神奈川)71人
7位 栄光学園(神奈川)67人
8位 桜䕃(東京)         66人
9位 東京学芸大学附属(東京)56人
10位 渋谷教育学園幕張(千葉) 48人

開成、麻布、武蔵」の「御三家」から武蔵が長らく低迷しています。その一方、駒場東洋が入って「新御三家」と呼ばれ、実力を見せています。

 

 

5.上位クラスの灘高校

ではここで、全国の高校生が医学部を目指している中で、圧倒的多数の医学部現役合格者を輩出している灘高校についてお話してみたいと思います。実際の灘高校生の卒業経験談からとなっております。驚異の合格者数を出す灘高校とは一体どんな学校なのでしょうか。
まず、灘中学、高等学校の最大の特徴はなぜか入学試験に社会がないことです。平成25年度の入学試験で中学入試は国語、算数、理科、高校入試では国語、算数、英語、理科のみであります。入学試験の影響なのでしょうか。入学した後の灘校生は社会や国語に全くといっていいほど社会や国語に興味がなく、この時点でほぼ理数系を得意分野としている学生が大多数となっています。数学の授業というのは、各自が与えられた問題集を思い思いに解き進めるというだけになっています。高校2~3年生になってから時々解法の発表会があったようなところだそうです。
そして灘高校にはいじめがないという噂もあります。そもそも灘高生はあまり他人に興味がないらしい。それは灘校には制服も宿題もないので、規制がない分好きなことを思う存分楽しむことができます。それによって自分の貴重な時間を割いてまで他人はいじめようと思う人間はまずいませんよね。校則がないがために自分で考えて行動することが人生の早い段階から求められています。自分で授業に参加する必要がないと判断すれば、他のクラスの体育の授業に参加したり、なんと勝手に家に帰ってしまう生徒までいます。校則のある学校では考えられませんよね。でも灘校ではそれが許され、学級崩壊にならないんです。あくまで自己の利益を最大化するように合理的に判断し各々が動いていたんです。ちなみに、灘校は自由なのは生徒だけではないんです。授業時間になってもなぜか一向に教室に現れない教師が多いのも灘校の特徴なんです。自由な校風がかえって生徒達のやる気を見出しているのかもしれません。灘校生という看板わ背負っている以上、大学入試でもある程度の結果を残すことが周囲からも期待されています。人間、期待されればそれなりに応えたいと思うものでありますよね。そういった環境であえて永遠に自由に甘んじてニートになる人間は数少なく、身近な部活の先輩の合否が耳に入ってくる高校2~3年になるとみんな自然と勉学に打ち込むようになります。
灘校では生徒のお尻を叩いて突き上げるようなことはしません。(強いて言えば)自然に勉強したくなる環境づくりを行います。ちなみに、これも面白い事に、いわゆる「進路相談、受験相談」なるものはほぼ存在しません。
三者面談なるものが一度だけあった気もするが、確か筆者自身欠席したような記憶があります。勉強に打ち込み出すと打ち込み出したで競い合って頑張るのが灘高生であります。たいていは、関西圏で東大受験対策として有名な進学塾などに通い追い込みをかける。
中高合わせて6年間、教師や両親に強要されて面白くもない勉強してきた学生と、好きなことを自由にやった後で自発的に勉強に打ち込みだした学生ではどちらが強いかは言うまでもありません。
灘の強さは
1 理数系を中心に暗記に頼らない論理力の高い生徒の選別
2 個々人の個性を伸ばす自由かつ合理性を重んじる校風
3 周囲からの期待や競争の中で自発的に芽生える向学心
この3つが合わさって構成されるのであろうと思うがいかがでしょうか。
なお自由なる青春の日々を謳歌し過ぎたがゆえに、大学受験が近づいても立ち直れない人間もいる事はお察しの通りであります。
(出典:驚異の医学部合格率を誇る「灘」高校の実態とは より)
ちなみに合格者数トップ上位に入っている東海(愛知)では、「もともと医師の子弟が多く、医学部志向が強かったのですが、『医学部に強い高校』と認識されるようになってからは、中1の入学者や保護者の多くが医学部を意識しているようです。浪人をしても医学部に行くという決意で切磋琢磨していることが進学実績につながっているのではないかと思います。学校としては特に医学部を意識した指導はしていません。むしろ、さまざまな職業に関心を持たせたいと考えています」と内藤俊一(としかず)学習指導部長が話しております。

 

6.それぞれ予備校の合格者数

では、たくさんある予備校の中、いくつかの予備校をピックアップしてそれぞれの予備校からの合格者数をお話したいとおもいます。
河合塾
国公立大学医学部医学科 1679名
私立大学医学部医学科    1085名
東京大学医系三類              21名
京都大学医学科                 56名
北海道大学                       34名
東北大学                          48名
東京医科歯科大学              20名
名古屋大学                       66名
大阪大学                          32名
広島大学                          47名
九州大学                          32名
慶應義塾大学                    32名
岩手医科大学                    46名
自治医科大学                    31名
獨協医科大学                    51名
埼玉医科大学                    43名
北里大学                          67名
杏林大学                          71名
順天堂大学                      122名
昭和大学                           90名
帝京大学                           35名
東海大学                           43名
東京医科大学                     71名
東京慈恵会医科大学            88名
東京女子医科大                  56名
東邦大学                           65名
日本大学                           49名
日本歯科大学                     61名
聖マリアンナ医科大学         56名
金沢医科大学                     43名
愛知医科大学                   103名
藤田保健衛生大学               92名
大阪医科大学                     99名
関西医科大学                   108名
近畿大学                           87名
兵庫医科大学                     64名
川崎医科大学                     33名
久留米大学                        46名
福岡大学                           64名
産業医科大学                     34名

駿台
東京大学                           37名
京都大学                           71名
慶應義塾大学                     82名
東京慈恵会医科大学          161名
旭川医科大学                     46名
北海道大学                        35名
弘前大学                           22名
東北大学                           60名
秋田大学                           39名
山形大学                           34名
筑波大学                           63名
群馬大学                           52名
千葉大学                           64名
東京医科歯科大学               67名
新潟大学                           41名
富山大学                           34名
金沢大学                           24名
福井大学                           41名
山梨大学                           39名
信州大学                           59名
岐阜大学                           27名
浜松医科大学                     35名
名古屋大学                        32名
三重大学                           34名
滋賀医科大学                     41名
大阪大学                           55名
神戸大学                           49名
鳥取大学                           39名
島根大学                             9名
岡山大学                           26名
広島大学                           37名
山口大学                           17名
徳島大学                           32名
香川大学                           22名
愛媛大学                           24名
高知大学                           27名
九州大学                           24名
佐賀大学                           19名
長崎大学                           21名
熊本大学                           14名
大分大学                           17名
宮崎大学                           16名
鹿児島大学                        16名
琉球大学                           11名
札幌医科大学                     44名
福島県立医科大学               50名
横浜市立大学                     59名
名古屋市立大学                  30名
京都府立医科大学               62名
大阪市立大学                     45名
奈良県立医科大学               62名
和歌山県立医科大学            51名
岩手医科大学                     43名
自治医科大学                     44名
獨協医科大学                     61名
埼玉医科大学                     84名
北里大学                           76名
杏林大学                           91名
順天堂大学                      182名
昭和大学                         178名
帝京大学                           56名
東海大学                           37名
東京医科大学                   120名
東京女子医科大学               66名
東邦大学                         106名
日本大学                           60名
日本医科大学                   108名
聖マリアンナ医科大学         56名
金沢医科大学                     46名
愛知医科大学                     49名
藤田保健衛生大学               57名
大阪医科大学                   114名
関西医科大学                   123名
近畿大学                           76名
兵庫医科大学                     88名
川崎医科大学                     19名
久留米大学                        16名
産業医科大学                     39名
福岡大学                           32名

 

 

7.私大医学部の推薦入試

私立大学医学部の場合、推薦入試には大きく分けて、指定校制の推薦入試公募制の推薦入試とがあります。
また、慶應、東海、東邦、日大、川崎医大、福岡大には付属校推薦制もあります。
ここではその推薦入試についてご説明します。
まず指定校制推薦入試についてです。指定校制推薦入試は特定の高校に推薦を依頼する制度です。通常、過去に多くの入学者を出している高校が選ばれます。推薦を依頼する高校は大学によって異なり、年度によっても異なります。医学部受験を考えはじめたら、まず進学指導の先生に早めに相談しましょう。東京女子医科大学の「指定校推薦」の1.0倍以外は、2.6倍~14.0倍という試験です。
もし、東京女子医科大学の「指定校推薦」がもらえるのであれば、合格に一歩近づいたことになります。しかし、その他の指定校推薦の場合、競争率は2.6倍~14.0倍です。この競争率は他学部の一般入試並です。競争率は他学部の一般入試並なのですが、さらに難しさは一般入試以上であると認識すべきでしょう。なぜかというと、基礎学力試験を含んだ適性試験を実施する大学が約半数あり、小論文試験や面接試験は、一般入試以上に厳しく評価されるからです。出願に際しての成績基準はあくまで出願条件の最低ラインであって、基準ギリギリの成績で合格を勝ち取るには、面接試験や小論文試験でアピールできる相当な何が必要です。倍率が高い大学では基準はかなり上回る成績が要求されると考えておきましょう。
つづいて、公募制推薦入試についてです。公募制推薦入試は応募条件を満たせば一般入試と同じように出願できます。また一つの高校から何人でも出願できるんです。ただ、大半の大学で出願には成績基準がありますので確認しておきましょう。

埼玉医科大学:普通科、理数科、外国語科で
全体の評定平均値が4.0以上かつ数学、理科、外国語の評定平均値の平均が4.0以上
東京医科大学:全体の評定平均値が4.0以上
愛知医科大学:普通科、理数科で全体の評定平均値が3.7以上かつ数学、理科、外国語の評定平均値の平均が3.7以上
福岡大学:全体の評定平均値が3.7以上

推薦入試では、出願者を現役に限定するケースが多く、浪人生も交えての勝負ではないので推薦入試を考えてもいいかもしれません。
浪人生の出願を認めている大学もあります。それは以下になります。
一浪
岩手医科大学
埼玉医科大学
金沢医科大学
川崎医科大学
久留米大学
福岡大学

2浪まで
藤田保健衛生大学

選考方法は以下の通りになります。
私立大学医学部公募制推薦入試の選考方法は、高校長などからの推薦書、調査書による書類審査がまず基本ですが、書類審査だけで選考するケースはまずなく、大半が面接を実施したり、小論文を課しています。近年、適性検査や基礎学力検査などを課すところが増加し、その結果が合否を大きく左右するようになってきています。たとえば、福岡大学の場合、試験科目は数学(IA・IIB(数列・ベクトル))と英語の2教科で、その他に、面接と調査書の点数で評価しています。

私立大学医学部推薦入試は一般入試の前倒しとも言える状況です。私立大学医学部の推薦入試の試験日程は一般入試に比べるとかなり早く行われ、多くは11月~12月に終わります。出願の検討を始めるのは夏前、準備を夏からはじめ小論文や面接の対策をしつつ、秋の終わりには、教科の学習を一通り終わらせていることが必要です。その間、高校生であれば高校での定期交差点で優秀な成績を残し、さらに、部活動や委員会活動、ボランティア活動などの課外活動も精力的にこなす。こうしたことが日々の生活習慣として身についているお子さんが、入試に合格するのです。小論文試験や面接試験は一般試験でも課される以上、推薦入試は一般入試の前倒しの状況であると言えます。私立大学医学部の推薦入試は早めに対策をとることで実を結ぶことができる試験といえるでしょう。

 

 

8.国公立大学医学部の推薦入試

国公立大の場合、私立大学と違って募集人員は定員の10%~30%程度が主流となっていて入るには狭き門となります。そして出願条件はみると厳しくないところはありません。成績基準は成績概評A段階というケースがほとんどです。
そのなかでも、群馬大学、山梨県大学(一般推薦)、名古屋大学、高知大学(地域枠推薦)、福島県立医科大学では、高校長が責任を持って推薦できる優秀な生徒につけることのできる「特A」を条件にしています。出願条件が非常に厳しいのが、国公立の推薦入試の特徴です。成績以外の条件でも厳しいものがあります。たとえば、徳島大学の場合、「スポーツ、文化活動、ボランティア活動または国際交流活動等を通して広い視野を持ち、充実した高校生活を送っている者」でなければ出願できません。福井大学の場合も、「スポーツ、文化活動や、ボランティア活動等を通して、充実した高校生活を送っている者」が出願条件です。これらはあくまでも出願に当たっての条件でしかありませんから、合格のためには、当然その中身が問われることを忘れてはいけません。
国公立大学医学部の選考方法は、高校長からの推薦書や調査書による書類審査が原則ですが、面接試験が必ずあり、英文読解を含む小論文試験を課すところも多くあります。また、ほとんどの大学でセンター試験を課します。そして、香川大学の3教科5科目以外はほとんどの大学で5教科7科目が必要となっています。なかには、旭川医科大学のように8科目が必要な大学もあります。センター試験を課す場合、選考日は1月中旬に集中しています。これにより、センター試験の直前に面接試験対策や小論文試験対策をしなければなりませんね。面接対策や小論文対策を後回しにすると、後あと大変になってしまいます。また、センターを課さない場合でも選考日は12月上旬に行われるので、教科別受験対策、面接対策、小論文対策を早めに行いましょう。
11月には対策を終わらせておきましょうね。

 

 

9.AO入試

近年、大学入試全般で推薦入試の実施規模が縮小し、AOの規模が年々拡大してきています。
AOとはアドミッションズオフィスの略です。
入試担当の専門職員が学生募集から入学者選抜までを一貫して行っているもので、アメリカからはじまり、日本では1990年に慶應大学ではじめて導入されました。新入学生を受け入れるための専門の機関が、面接、小論文、実験、レポート、体験授業などある程度の期間とさまざまな方法で学生の資質、将来性を判断して行う入試方法が、AO入試です。
AO入試は、各大学が定める入学者受け入れ方針に基づき、受験生の能力、適性、意欲、関心等を多面的、総合的に評価する試験です。学力試験や面接、志望理由などを用いて、時間をかけてじっくりと選考するため、学力だけではない多面的な要素で選考されることが特徴です。
では、実際にAO入試を実施している各大学は、どのような能力、資質を持った人材を求めているのでしょうか。それはこちらになります。
センター試験5教科7科目で高得点が取れるような確固たる基礎学力、
小論文で試される高度な和文読解力と英文読解力
小論文で試される高度な要約力
面接試験で試される高度なコミュニケーション能力と協調性
リーダーシップ
謙虚、まじめさ、
探究心
になります。
AO入試で合格する人物というのは、学力、人格、生活習慣などが大変優れている者だということです。
しかしながらここで求められていることは、医学部、医者になるにおいて当然求められていることです。

 

 

10.合格するためにはまず生活習慣から見直そう

入試に備えて勉強だけができればいいとはかぎりません。学力をアップさせるだけなら、学校での勉強や塾や予備校に通っていればなんとかなるでしょう。しかし現在の医学部受験の現状は勉強だけではなく、学力以外の資質や能力までもが評価の対象となってきています。受験勉強を通じて、生活習慣の改善やコミュニケーション能力の養成、人格形成といった学力以外の資質や能力を高めましょう。何度もいいますが、医学部を受験するためには、きちんとした生活習慣というのはとても重要になってきます。学校のテスト勉強とは違って、入試はいわば長期戦です。入試の日に自分の最大限の力を発揮できるように全てをコントロールしていく必要があります。志望校の合格圏内まで学力をアップさせることはもちろんですが、鍛え上げた実力を大事な時に爆発させるには、日々の健康管理や生活習慣が大事です。入試が近くなってくると人によっては、根を詰めて深夜まで勉強したり、休養を取らないままひたすら勉強に集中する人もいるでしょう。しかし、そのせいで生活が不規則になったり、予備校に通うことで外出が増えて食生活が乱れるなどして、体調を崩しては元も子もありません。十分な栄養をバランスよく摂れるよう、健康に配慮した食事を作ってもらいましょう。特に体調を崩しやすい受験直前のシーズンは、受験者本人だけでなく家族も体調管理に気をつけましょう。

コメントを残す